お尻のざらざらがなかなかきれいにならない

母はかなりおしりのざらざら肌で、私も中学からおしりのざらざらのことで悩まされ、二十歳を越えた現在でも、よくおしりのざらざらができるので、顔のお手入れは注意してやっています。そして、三歳になる息女も早くも鼻の周りの毛穴に角質がつまり始めています。残念なことに必ずおしりのざらざら肌になりそうです。遺伝とは恐ろしいものだと思いました。おしりのざらざらは潰しても問題ないのでしょうか。実は、潰しても良い状態のおしりのざらざらと潰してはダメな状態のおしりのざらざらがあります。潰して良い状態のおしりのざらざらは、肌の炎症が落ち着いてきて、中にある膿が白くなり盛り上がってきた状態のおしりのざらざらです。そのような状態になったおしりのざらざらは、外へと膿が出ようとして芯が出来ている状態になりますから、針や専用の器具等を使うなどすれば、潰すのもいいでしょう。おしりのざらざらが眉上の目立つところにひどく出た時に、あまりにも見苦しい状態だったので、皮膚科に行ってみることにしました。医師から、これを処方しますので、塗布して下さいと伝えられ、ステロイド系の薬を塗るようにと、処方してもらいました。ステロイド系の塗り薬は効果覿面ですが、弱い薬ではないので、患部が改善してきたら塗る間隔を僅かにしないと駄目なそうです。おしりのざらざらに使用する薬は、様々あります。当然ながら、専用のおしりのざらざら薬の方が有効です。だけど、軽度のおしりのざらざらなら、オロナインを使っても問題ありません。効能・効果の欄にちゃんと吹出物ややけど、ひび等とまとめて、書かれています。おしりのざらざらは女性に限らず男性にとっても面倒なものです。なるべくおしりのざらざらにならないように対策をとっている人は大勢いると思います。おしりのざらざらに効くお手入れ方法の一つに水で洗顔する方法があります。おしりのざらざら顔になってしまうと、必要以上に洗顔してしまったり、強力な洗浄力のある洗顔料で洗顔したくなってしまいますが、実は逆効果なのです。徹夜が続いておしりのざらざらをみつけました。私は結構おしりのざらざらができやすい体質なので、ちょっと肌に負担を感じるだけでブツブツ顔になるのです。だから、忙しかろうとなかろうと、なるべく早くベッドに入り十分に休むように気を付けています。おしりのざらざらの大敵は睡眠不足だと思います。おしりのざらざらが気になってしまうからといって洗顔をあまりにし過ぎると、必要となる油脂も落としてしまい、かえっておしりのざらざらが悪化する原因ともなります。多く洗うとしても洗顔は一日に二度ほどにしておきましょう。大切なのは十分に洗顔料を泡立て、お肌には直接手を触れずに、あくまで泡で洗顔をすること、顔を洗った後にはすぐ保湿をすることです。おしりのざらざらがひどくなって炎症をおこすと、洗顔などで少し触っただけでも痛みを感じたり刺激を感じたりします。そのため、炎症を起こしている場合は、いくら気になっても決して指で触ってはいけません。触ると痛いからというだけではなく、雑菌が指から入ってしまい、さらに炎症がひどくなる可能性があります。このところ、重曹でおしりのざらざらのお手入れができるとよく取り上げられています。重曹は弱アルカリ性で、油分を分解する性質があるため、洗顔料に重曹を加えて洗顔することで、汚れた毛穴や角質をお手入れすることができ、にきびの改善につながるのではと期待されているのです。ただし、重曹には研磨効果があるので、洗顔に使うと肌トラブルを起こす恐れもあるため、試してみる際には注意をしなくてはいけません。おしりのざらざらをあらかじめ予防したり、出来てしまったおしりのざらざらを素早く改善するには、栄養バランスのとれた食生活を食べていくことが大事です。中でも野菜を意識して摂ることは非常に大切です。野菜はビタミンミネラルが豊富ですから、そのようなことを意識して摂ることが一番理想です。
お尻ざらざらクリーム

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です